二の腕のブツブツの原因にもなる乾燥肌

 

人は、年齢と共に肌内部で生成される成分の量がどんどん減少していきます。

 

成分の種類にもよりますが、20代後半から30代頃をピークに減少となるものがほとんどでしょう。

 

 

肌の潤いは、肌内部の成分のお蔭で保湿されています。

 

そのため肌内部で生成される成分量が減ればそれだけ肌も乾燥しやすい状態となってしまいます。

 

 

季節、スキンケア、生活習慣など肌の乾燥に特に原因が思い浮かばない場合は、加齢が原因の乾燥かもしれません。

 

しっかりとケアしておかなければ、どんどん乾燥は悪化し肌荒れやシワ、シミ、たるみの原因となってしまうでしょう。

 

 

肌の保湿におすすめのスキンケアといえば、アスタリフトです。

 

 

アスタリフトは、肌の弾力アップや保水力アップにすぐれたスキンケア製品となっています。

 

独自開発したナノ化技術により、成分が細かく配合されているため瞬時に、肌の奥深くまで成分を送りこむことができます。

 

そのため、すぐに保湿効果を実感することが出来ます。

 

 

特にアスタリフトの先行美容液はおすすめです。

 

洗顔後すぐに使うタイプの美容液で、これを使用した後にスキンケアを行うと成分の浸透率が格段にアップします。

 

肌に栄養を補いたい方には欠かせない美容液でしょう。

 

 

 

冬の暖房が乾燥の原因に!

 

冬は空気が乾燥しているため、肌も乾燥しやすいシーズンです。

 

 

しかし、冬場の空気だけではなく暖房も肌を乾燥させる原因の一つだといわれています。

 

なぜ暖房が肌を乾燥させるのでしょうか。

 

 

温度が上昇すると、湿度は低下していきます。

 

もともと大気中の水分量が少ない冬ですが、暖房機器を使うことにより温度が上昇し、湿度は低下してしまうでしょう。

 

室内温度が5度上がると湿度は10パーセントも下がるといわれています。

 

 

もちろん、冬場に暖房機器を使うなという訳ではありません。

 

温度を上げるのであれば部屋の湿度も上がるようにしましょう。

 

 

気流も肌の乾燥に関わってきます。

 

エアコンなどの暖房を付けると、風が発生しますよね。

 

しかしこの温風が乾燥を悪化させてしまうのです。

 

 

暖房機器の中でも、床暖房など気流の変化のない暖房機器であれば湿度を下げることなく温まります。

 

暖房機器も考えながら使うようにしましょう。

 

 

肌の乾燥を防ぐためには、加湿器を設置したり暖かい飲み物で暖を取るようにしましょう。

 

また、乾燥しやすい冬場は普段以上にスキンケアに気を使い、乾燥肌対策が出来る製品を使うようにしてください。

 

スキンケアをしっかりと行うだけでも、乾燥を軽減できます。

 

 

乾燥肌と食べ物の関係

 

 

肌の乾燥を防ぐ食品を意識して食べれば、肌内部から保湿をすることが可能です。

 

 

保湿といえばセラミドが有名でしょう。

 

セラミドは肌のバリア機能を司る成分であり、セラミドが不足していると肌の保水もバリアもできなくなってしまいます。

 

大豆やこんにゃく、お米、小麦、ほうれん草やヨーグルトなどから摂取できる成分なので、乾燥がひどいときは意識して食べる様にしましょう。

 

 

ビタミンAも良いといわれています。

 

皮膚や粘膜の潤いを維持する効果がある成分であり、ビタミンAも不足していると皮膚表面がダメージを受けやすい状態となってしまいます。

 

 

ビタミンAにはいくつかの種類がありますが、レチノールはレバー、乳製品、卵やウナギ、アナゴから摂取が可能です。

 

カロテンは緑黄色野菜を中心にわかめや緑茶から補うことが出来るでしょう。

 

 

しかし、これらの食品を毎日意識して食べ続けるのは難しいと思います。

 

スキンケアであれば毎日栄養を補うことも簡単なので、スキンケアからと食品から、併用して栄養を補うようにすることをおすすめします。

 

 

 

ピュアルピエ公式サイト↓一番オトクです!