ピュアルピエは子供の毛孔性苔癬にも使用できる?

 

毛孔性苔癬は子供でもなります。

 

毛孔性苔癬は新陳代謝が活発な中学生ごろに発病することが多い用です。

 

稀に、小学校の低学年から発病する子供もいます。

 

そこで気になるのが、ピュアルピエは子供にも使えるのかということです。

 

結論から先に言うと、ピュアルピエは子供にも使うことができます。

 

大人向けのイメージのあるピュアルピエですが、ピュアルピエ自身は医薬部外品です。

 

さらに、ピュアルピエは副作用の少ない成分のみで出来ているのです。

 

ドラッグストアで販売されているニノキュアなどは医薬品です。

 

 

医薬品と医薬部外品の違い

 

医薬品はそれを使用することで副作用を起こすことがあります。

 

日常生活に支障をきたすほどの健康被害が生じるおそれがあるものが医薬品です。

 

一方の医薬部外品は、化粧品と医薬品の中間的な存在で人体に影響が少ないものです。

 

改善効果が認められながら副作用等のリスクに問題がないものなのです。

 

ピュアルピエ自身、体に優しい原料でできているので子供に悪影響を及ぼすことは少ないでしょう。

 

よって、子供にピュアルピエを使用しても大丈夫です。

 

優しい成分で出来ているので、子供の肌でも使用することができるということですね。

 

もちろん、全員の肌に合うわけではないので、肌に合わない場合もあることにも注意が必要です。

 

 

子供の毛孔性苔癬の原因

 

毛孔性苔癬は、二の腕のブツブツのことを言います

 

二の腕に限らず全身にできることが知られていて、角質によって毛穴が詰まることで発症する皮膚病のことです。

 

基本的に、毛孔性苔癬は痛みもかゆみもありません。

 

痛みやかゆみ膿があるという人は毛孔性苔癬の可能性は低いので、別の皮膚病にかかっている可能性があります。

 

毛孔性苔癬は、どうしてできるのかよくわかっていません。

 

そのため、遺伝によって発症するのではないかという説が有力となっているのです。

 

両親のどちらかが毛孔性苔癬を発症していると子供にもできやすくなるそうです。

 

毛孔性苔癬は小児期から思春期にかけて多く発症する傾向があります。

 

それが、成長とともに20代になると症状が緩和し始めます。

 

そして、30代にはほとんどなくなると言われているのです。

 

 

ピュアルピエを子供が使う際の注意点

 

二の腕のブツブツにおすすめなのがピュアルピエです。

 

これは、毛孔性苔癬用のジェルクリームです。

 

子供にも使用できます。

 

もともとピュアルピエは、二の腕のブツブツに効果のある治療薬として開発されました。

 

一方で、二の腕のブツブツだけではなく、全身の毛孔性苔癬に作用してケアすることができるのです。

 

そのための有効成分が、ピュアルピエには配合されているのです。

 

また、ピュアルピエは、完全無添加素材のため、敏感肌の子供やアトピー肌の子供にも安心して使うことができます。

 

顔の大人ニキビにも効果があるということですから、お母さんにも同時に使える優れものクリームなのです。

 

もっとも、1人1人肌の質は違います。

 

毛孔性苔癬はクリームと自分の肌との相性で効果が全く変わってくることもわかっています。

 

 

毛孔性苔癬改善のための注意点

 

まず気をつけなくてはいけないのが、「毛孔性苔癬をつぶしてしまうこと」です。

 

これは、子供がよくやりがちなことなのです。

 

これをしてしまうとニキビ跡のように黒くなってしまいって、さらに二の腕のブツブツが悪化してしまいます。

 

ニキビ跡のようになってしまうと、黒くなってしまった部分を治すのにも時間がかかります。

 

子供の肌ですから、成長とともに黒くなった部分も改善するのですが、治りきらない場合も多いのです。

 

他には、紫外線に当たり続けることで、紫外線が肌のバリアを壊してしまいます。

 

完全には無理だと思いますが、二の腕のブツブツのある子供に日焼け止めクリームを使うのも1つの方法です。

ピュアルピエ公式サイト↓一番オトクです!